地域団体商標取得地鶏「はかた地どり」を生産・販売しています。焼き鳥の町久留米より地鶏の味をおとどけします!

トレーサビリティ

トレーサビリティとは

生産履歴を確認する1つの手段です
「このトマトは○○農場で作られ、○月○日に出荷されました」などという、生産物に関する情報を家庭や店舗のコンピュータで調べることができるシステムの総称です。

「食への安心感」を求めた結果です
企業の食に対するモラルや生産体制が疑問視される以前、福栄組合は2004年(平成16年)より家庭や店舗のコンピュータでご利用いただけるトレーサビリティ・システムを導入しました。

実際に動かしてみましょう
トレーサビリティ・システムの使い方はとても簡単です。 下のリンクにある検索ボックスに「はかた地どり」の商品ラベル番号を入力し「調べる」ボタンをクリックするだけ。詳細な「はかた地どり」に関する情報を得ることができます。ぜひお試しください!

トレーサビリティ・システムの実行画面
●トレーサビリティ・システムの実行画面
 

トレーサビリティシステムの検索ページはこちら(はかた地どりプレイスのホームページへ)

 

生産者情報を得る

生産者の顔が見える。それが「トレーサビリティ・システム」です。
トレーサビリティとは、英語の「トレース(足跡をたどる)」と「アビリティ(できること)」の合成語で、もともとは工業製品などの商品の履歴、所在を追跡する方法の概念でした。民間では自主的な品質管理規格であるISO9000により「記録物によって、その履歴、転用または所在を追求できる能力」と定義されています。これを食品に適用し農畜産物の生産者や生産過程情報、食品加工、流通に関する情報を各食料品に添付し、食料品の履歴を遡って確認可能にしょうというのが、私たち福栄組合が取り組んでいる、トレーサビリティシステムです。

トレーサビリティ・システム動作の流れ
図.トレーサビリティ・システム動作の流れ

今後の展開

真のトレーサビリティを目指します
世の中の食品業界におけるトレーサビリティ・システムの認知度はまだまだ低く、課題も少なくありません。
福栄組合では今後、親鳥の出生証明書や飼料の成分など、より詳しい情報や誰にでも分かり易い表現によるサービスの展開を目指し、皆さまにもっと安全に、安心して「はかた地どり」を食していただける環境づくりに努めてまいります。どうぞご期待ください!

 
このページの先頭に移動します
〒830−1114 福岡県久留米市北野町高良1369−3
フリーダイヤル 0120−78−4793

はかた地どり/地鶏/地鶏料理/地鶏の通信販売/九州 地鶏/地域団体商標/軍鶏/地鶏鍋/地鶏の生産/地鶏の販売/ブロイラー/からあげの福ちゃん/トレーサビリティ/生産履歴情報開示システム/地鶏の飼育/福岡の地鶏/地鶏の育て方